口の中の健康のために|病気の進行を防ぐ|歯周病を悪化しないための治療

病気の進行を防ぐ|歯周病を悪化しないための治療

口の中の健康のために

歯科

見た目の印象が変わる

鏡で口の中を見たときに歯が以前に比べて長くなってきていると感じたら、それは歯が長く成長したのではなく歯茎が痩せることで起こっています。歯茎が痩せるとは歯肉退縮と言い、歯の周りにあり歯を支えている歯茎が下がり目に見える歯の面積が広くなっていくため、食べ物や磨き残しが多く残るようになり虫歯になりやすくなったり口臭が発生しやすくなります。虫歯になりやすい状態が長く続くと歯周病を引き起こしたり歯周病の進行を早めてしまう原因にもなってしまいます。また、歯と歯の間に隙間が見えてしまうため、見た目の印象が悪くなり老けて見られるようになってしまいます。歯茎が痩せる原因にはさまざまなものがありますが、気がついた時に改善しようと試みると少しずつですが改善していくので行なって損することはありません。

定期検診が大切

歯茎が痩せる原因のほとんどは歯周病によるものです。歯に汚れがたまりそれが蓄積され歯茎が炎症を起こしてしまっている状態です。酷くなると歯を支えている骨まで溶けてしまい歯がぐらぐらしてしまいそのうち抜けてしまいます。その他の原因には間違った歯ブラシの仕方もあります。力を入れゴシゴシと磨きすぎてしまうと歯茎が傷つき痩せていってしまいます。使用する歯ブラシは小さなヘッドにして優しく小刻みに磨くのが良い磨き方です。また歯の噛み合わせの影響でもなることがあります。歯茎が痩せるのは見た目にも良くないため、定期的に歯医者に行き定期検診を受けることが大切です。ひと昔前に比べて歯医者での定期検診を受ける方は増えて来て、多くの方が利用していますが、歯や歯茎の健康のためには定期検診がとても重要です。