病気の進行を防ぐ|歯周病を悪化しないための治療

クリニック通いの必要性

インプラント

小児歯科も点在する大阪の地域では、家族からの感染率も高い歯周病に対する予防や治療を施してくれます。子供の場合には、虫歯も含めて正しいオーラルケアを指導し、大人には健康までも意識した生活習慣の指導にも配慮してくれます。

もっと読む

レジンで治療できます

白い歯

レジン接着によって歯を形成する施術が吉祥寺にある歯医者で行われています。一般的には歯の大部分を削った後にかぶせ物をしますが、レジン接着の場合、削る範囲が少なくて済みます。また30種類以上の色から選べるので、自然な仕上がりになるでしょう。アフターケアとして口腔ケアも行っています。

もっと読む

歯を大切にしよう

歯医者

早期治療が大切

30歳や40歳を過ぎたあたりから「口の中がもごもごする」と感じたり「歯の隙間が広がってきた」と感じるようになったら歯周病が進行しているサインです。歯周病は初期の段階ではこれといった症状が出ませんが口の中をよくチェックしてみると歯茎が下がることによって歯が伸びたような感じになっていたり、若いころに比べて歯茎の色の赤みが増して痩せたような状態となっています。これらの症状は歯周病菌の出す毒素によって歯茎にダメージが蓄積するからです。歯周病は進行すると歯槽骨が溶かされてしまい歯が抜ける原因となります。日本国民が歯を失う最大の原因となっているのがこの歯周病です。歯周病はしっかりと治療を行えばその進行を食い止めることができます。中高年の方で口腔内に違和感を感じるようになった方はできるだけ早めに歯科で歯周病チェックを受けるようにしましょう。

影響は様々

堺市の歯科では80歳になっても歯を20本維持する8020運動に力を入れています。80歳になっても健康で毎日を生き生きと過ごすためには健康な歯を20本以上残すことが重要であることが様々な健康調査からも明らかです。この目標を達成するのに決定的な役割を果たすのが歯周病予防となっています。歯周病予防はスケーリングなどの治療で歯石を丹念に取り除くことで達成できます。初期の段階であればほとんど痛みもなく短時間で治療を済ませることもできるので日常から定期的に歯科で歯石除去を行うことが重要です。また口腔内の歯周病菌を減らすことは様々な内臓疾患を未然に予防する効果のあることも疫学調査から判明しています。堺市の歯科では患者の方が継続して治療を受けやすいように治療時間を短く区切る工夫などを行っているほか夜でも診察を受けられるよう診療時間にも配慮しています。堺市に住んでいる方でしばらく歯科で診察を受けていない方は堺市で歯科検診を受けることをおすすめします。

口の中の健康のために

歯科

歯が長くなっていると感じたら、それは歯茎が痩せることで起こっている症状です。歯茎が痩せる原因にはさまざまなものがありますが、しっかりと対策することで改善していきます。悪化させないためには歯医者での定期検診が大切です。

もっと読む